ローカルルール

1.アウトオブバウンズの境界は白杭をもって標示する。

2.修理地の区域の限界は青杭または白線をもって標示し、プレー禁止区域とする。球がその中にあるかスタンスがかかる場合は、競技者は規則に基づく救済を受けなければならない。本項の違反は2罰打。

3.ウォーターハザードの境界は黄杭をもって標示する。

4.排水溝は動かせない障害物とする。

5.人口の表面を持つ道路に接した排水溝はその道路の一部とみなす。

6.クローズドのある予備グリーンはプレー禁止の修理地(スルーザグリーン)とし、競技者は規則第25条第1項b(i)に基づく救済を受けなければならない。本項の違反は2罰打。

7.電磁誘導カート用の軌道はその全幅をもってカート道路とみなす。球がこのカート道路上にある場合は、競技者は規則第24条第2項b(i)に基づく救済を受けなければならない。本項の違反は2罰打。

8.樹木保護の為巻物施設(巻網など)はその樹木の一部とみなす。但し、樹木の巻物にはまった球は罰無しにその真下の地点から1クラブレングス以内でかつホールに近づかないところにドロップすることができる。本項の違反は2罰打。

9.共用カートは局外者とみなし、規則第19条第1項を適用する。

10.スルーザグリーンで、自分のピッチマークに球が食い込んでいるときは、その球は罰無しに拾い上げて拭きホールに近づかずしかも球が止まっていた箇所に出来るだけ近い所にドロップすることができる。ドロップの際、その球はスルーザグリーンのコース上に直接落ちなければならない。本項の違反は2罰打。

11.球がグリーン外のハザード内でないところにある場合で動かせない障害物がグリーン上か、又はグリーンから2クラブレングス以内にあり、球からも2クラブレングスの範囲内で、しかも球とホールの間のプレー線上にかかっているときは、次の救済を受けることができる。そのたまを拾い上げてホールに近づかずに障害物の介在が避けられるハザード内でもグリーン上でもない場所で、球のあった箇所に最も近い所にドロップしなければならない。拾い上げた球は拭くことが出来る。本項の違反は2罰打。

12.№2ホール グリーン右横、№6フェアウェイ左側斜面及びカート道、№15ホールグリーン左横の白線で標示した範囲内に球が止まった場合は、指定ドロップ区域に拾い上げた球をドロップしなければならない。本項の違反は2罰打。

13.倶楽部競技に置いては距離測定器等の使用を禁止する。

注意事項

①競技の条件やローカルルールに追加・変更のある時はスタート時に告知する。

②プレーも進行に留意し、先行組との間隔を不当にあけないこと。プレーの不当な遅延についてはペナルティを課す場合がある。

③エチケット違反の重大な違反となる場合、規則33-7に基づいて競技失格の罰を課すこともあり得ます。

④コース内での携帯電話はマナーモードとし、他のプレイヤーに迷惑とならないようにする。